Top >  メニュー >  結婚とは生活するということ

結婚とは生活するということ

"結婚相手に求めるものは、結婚する前と結婚した後では少し変わりました。
結婚前は家族以外の誰かと一緒に生活することをあまり想像できなかったので、理想を聞かれた時に条件をあげることが多かったです。
背が高い、顔がいい、収入がある、など。
それ以外に性格的なものも居れるとしたら、面白い、優しい、くらいでしょうか。
あまりにも外見を見ていたり漠然としすぎていて、理想というより本当に条件そのものですよね。

結婚する相手には何かビビッ感じるものがある、とよく聞きます。
私は特に電流のような衝撃は感じませんでしたが、付き合った初日から、なんとなく「この人と結婚するような気がする」と思いました。
今思えば「結婚するような気がする」というより「この人となら生活が想像できる」「結婚したい」という感情だったのかもしれません。
その相手に今まで感じたこともない居心地の好さを感じていたからです。
そしてそれは私が相手に求める一番のことでした。

そして求めるものは、もう一つ。「誠実であること」です。
居心地の好い空間を作り出してくれる誠実な男性、これが私の一番求めているものです。
"

メニュー

関連エントリー

結婚相談所に登録しよう 結婚相談所の入会資格 独身証明書 安全安心な婚活 再婚の婚活について アフターサービスについて お子様のご結婚について プロフィールを工夫しよう 結婚相談所は「結婚できない人」のためのもの? 転勤しても大丈夫 初恋はいつだったかな? 美術館などにいくデート 婚活のその後 婚活って。 田舎の婚活は親が出過ぎ 写真のみがベストだった 写真だけの残す結婚でも考えがあればいい 式を挙げない結婚のかたち 結婚とは生活するということ 寛容な旦那なら結婚相手にいいかもね 条件はたくさんありますが・・ 20代で結婚した友達を見ていると 子どもが産まれるまでが新婚 独身には自由がある 初めての妊娠は初期流産でした 色々妄想 夫婦喧嘩のあとはメールで謝罪